468-60_scarf

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングへ←気に入っていただけましたら清き一票をお願いいたします。ぺこり。
Permalink | Comment(-) | Trackback(-)


読むための文法を身につける~最楽勉強法その一②~

2005/06/26(日) 17:38:41 [最楽!英語上達法] #

tomita100ues.jpg
富田の英文読解100の原則(上)
tomita100shitas.jpg
富田の英文読解100の原則(下)
さて、前回ご紹介した「富田の英文読解100の原則(上)(下)」の使用法をお伝えしたいと思います。
「もったいぶったわりになんだ!」と言われそうですが、この本の解説を丸暗記してください。
読むための文法を身につけるには読む長文の量よりも、いわゆる精読が必要です。つまり、一文一文きっちりきっちりと読んでいきます。具体的には、文におけるの機能(SVOC)、指示語が何を指すのかなどをなんとなくではなく、理由をつけて、ことこまかに解読していくのです。
好きな人にとってはハマるツボだと思います。慣れない人にとってはとても骨の折れることかもしれませんが、ここを飛ばして、読む量でカバーしようとしても、どこかで必ず壁に当たることになります。
ですので、この本を1回2回とは言わず、文を見た瞬間に解説を思い出すくらいまで使いこなしてみてください。
また、この読み方だと、「読むのに何時間かかんのじゃー」と思われる方もいらっしゃると思いますが、それについては後ほど私なりの見解を示しますので、今はとにかく、懇切丁寧に英文と向き合ってみましょう!
スポンサーサイト

人気blogランキングへ←気に入っていただけましたら清き一票をお願いいたします。ぺこり。
Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |



稚拙な文章にお付き合いいただき、ありがとうございます。もしよろしければ、また見にきてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。