468-60_scarf

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングへ←気に入っていただけましたら清き一票をお願いいたします。ぺこり。
Permalink | Comment(-) | Trackback(-)


小学生時代-外国人と初めて話す-

2005/06/04(土) 20:03:09 [最楽!英語上達法] #

今回は私と英語の出会いを紹介したいと思います。
私が始めて英語を学び始めたのは小学校4年生の時でした。両親に近所の小さなECCに通わされたのです。そして、5年生になるときにそのECCが閉業するということでネイティブの先生が教える英会話スクールに通わされました。
はっきり言って、下線を引いたとおり、やらされているので何も身につきません。
今考えると、もしかしたら(あくまでも、もしかしたらです)良い影響があったかもしれないな、と思うのは外国人と小さい頃にふれ合う機会があったことです。良く外国人と話すのに緊張するという人がいますが、この経験が私から外国人と話す恐怖を取り除いたんじゃないか、と両親なんかは誇らしげに言います。
まぁ当の私としては、「いやーそんなん関係ないやろー」という感じです。というのも、これを言っては根も歯もありませんが、外国人と話すのも人間対人間、例えば関西人と東京人が話すこと、もっと言えば隣のおばちゃんと話すことと同じ。要するに、人見知りする性格かどうか、ということだと思うのです。
ちなみに、正直に言いますが、私はほとんど人見知りしない性格です。自分の知らない人を知りたいという気持ちが強いのです。高校生になるころには英語がしゃべれると世界の多くの人と仲良くなれるなら、という動機で英語を勉強していたように思います。前回、心構えに動機が必要だということを書きましたが、私の場合はこのような動機がありました。
私が少ない努力で英語ができるようになったことに特別な才能を見出すとするならば、それは「人に興味がある」の一点に尽きると考えています。
スポンサーサイト

人気blogランキングへ←気に入っていただけましたら清き一票をお願いいたします。ぺこり。
Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0


Comment

初コメント
いつも楽しく読ませてもらってます。考えられた良い構成ですね。次のステップが楽しみです。


って、コメントっぽく書いてみました!

2005/06/05(日) 02:10:27 | URL | 跳ね馬 [ 編集]

ありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい。
より良いページにすべく精進してまいります。

特に、イタリア一周旅行記楽しんでネ(笑)

2005/06/05(日) 12:52:17 | URL | JIN [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |



稚拙な文章にお付き合いいただき、ありがとうございます。もしよろしければ、また見にきてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。